Advertisement

smithsonian_open_access___smithsonian_institution-1

 

ホワイトハウスやリンカーン記念碑などと並んで、ワシントンだけでなくアメリカを代表する博物館として知られるスミソニアン博物館。映画「ナイトミュージアム2」の舞台となったことでも有名で、科学や産業、技術、芸術、自然史など19の博物館、教育研究機関の集合体として、スミソニアン学術協会が運営しています。

 

今回はスミソニアン学術協会が、280万点を超える歴史的価値の高い写真をパブリックドメインとして、無料ダウンロード?閲覧できる画期的なサービス Smithsonian Open Access を公開しました。著作権フリーなので、もちろん商用利用も可能です。

 

 

スミソニアン博物館が歴史的写真280万点をパブリックドメインで公開、著作権フリーで商用可

smithsonian_open_access___smithsonian_institution

 

「スミソニアン?オープンアクセス」では、「月の石」を展示している国立航空宇宙博物館の他に、国立動物園や国立アメリカ歴史博物館、国立アフリカ美術館など19の博物館や教育機関が収蔵している、280万点を超える2Dおよび3Dデータをパブリックドメインとして無料公開しています。

 

公開されている素材はどれも無料でオンライン閲覧できるのはもちろん、ダウンロードや二次創作など素材を自由に利用することができます

 

 

 

利用ライセンス、ダウンロードについて

soa_masthead_1920x460_final

 

今回公開された素材の多くは、完全にパブリックドメインに置かれたCC0ライセンスとなっています。以下のように、「CC0アイコン」が表示されているか確認しましょう。さらに写真の下にあるアイコンをクリックすると、さまざまな解像度に応じた高画質な写真を無料ダウンロードできます。

 

 

 

公開されている資料の中には、「Usage Condition Apply」と書かれたものがあります。こちらはダウンロードはできますが、個人利用のみとなるのでご注意ください。

a_prince_visits_the_poet_tulsidas___smithsonian_institution

 

 

また、フィルタ機能を利用することでお好みの写真をより手軽に検索することもできます。博物館から選んだり、トピック、年代、マテリアルなどにカテゴリ分けされています。

 

 

公開された資料の中には、2000点を超える3Dモデルデータも含まれています。たとえば、以下は39回の地球外ミッションを行ったスペースシャトル「ディスカバリー」。マウスカーソルに合わせて、機体を自由に動かすことができます。

 

カスタマイズを可能で、素材を粘土(Clay)にしたり、X線やワイヤーフレームにすることも可能。

 

ライトの当たり方も4方向から立体的にカスタマイズできます。

 

驚いたのがオブジェクトの長さを測ることができる「ものさし(Measure)」ツール。長さを測りたい2点を決めると、瞬時に値を表示してくれます。スペースシャトルの機体は、全長およそ35m。

 

 

この他にも、1億年以上前の白亜紀に活動していた恐竜トリケラトプスの骨格標本。120年ほど前に発見されたものですが、ディテールまでくまなく確認できます。このデータを利用してジュエリーを作成したデザイナーも。

 

 

公開されている素材は多岐にわたり、ここでしか見ることができないお宝もズラリ。アメリカ初の軌道周回飛行を行ったマーキューリー6の実物

mercury-6-friendship7

 

 

ライト兄弟が初飛行に挑戦した、1903年製のライトフライヤー号

wright-brothers-aircraft

 

 

ボクシング史上の偉人、モハメド?アリの使っていたボクシング用ヘッドギア

muhammad-ali-boxing-headgear

 

 

奴隷制度廃止論を唱えたフレデリック?ダグラスの肖像画

douglass

 

 

「モダン?ジャズ」の生みの親として有名なチャーリー?パーカー所有で、実際に演奏に使ったサックスフォン

charlie-parker-saxphone

 

 

リリース現時点では、公開されている素材はおよそ280万点ですが、2020年内には20万点が追加予定。さらにスミソニアン博物館は今後、1億5500万点の所蔵アイテムのデジタルパブリック化を進めていくそうです。

 

他の世界的に有名な博物館もコレクションの一部をデジタル化し、パブリックドメインでリリースしていますが、今回はその中でもずば抜けた公開アイテム数。今までは現地でしか見ることのできなかった貴重な資料をぜひ活用してみましょう。

 

 

歴史的な名作のデジタル?アーカイブ化が加速中!

 

ここ数年インターネットの普及によって、今まではごく一部でのみでしか閲覧できなかった、歴史的に価値の高い名画や書物などのデジタルアーカイブ化、パブリックドメインによる公開が急速に進んでいます。

 

以下の記事では、世界の名画を無料ダウンロードできる美術館や博物館、リソースなどをまとめているので、こちらも参考にしてみると良いでしょう。

 

先日、シカゴ美術館が収蔵している作品から、およそ52,000点をパブリックドメインとして無料公開するなど、いま世界中で歴史的名作のデジタル?アーカイブ化の流れが進んでいます
その数、なんと15万枚以上。 「自然」に特化した、世界最大のデジタルアーカイブを提供する生物多様性遺産ライブラリー(the Biodiversity
アメリカ3大美術館にも数えられているシカゴ美術館は、一度は足を運んでみたいシカゴの人気スポットです。そんなシカゴ美術館の公式ウェブサイトが最近リニューアルし、話題を呼んでい
北アメリカに生息する鳥類を、実際に大自然を旅しながら超リアルに描写した画家ジョン?ジェームズ?オーデュボン(英: John James Audubon)。
インターネットが急速に普及したおかげで、世界中のさまざまな美術館や研究機関などが保有する作品を、デジタル?アーカイブ化しパブリックドメインとして無料公開する動きが活

 

参照元リンク : Smithsonian Releases 2.8 Million Images Into Public Domain – Smithsonian Magazine